はじめてコンタクトレンズを使う方へ

はじめてのコンタクトレンズ選びを応援します

はじめてのコンタクトレンズ選びを応援しますコンタクトレンズにはさまざまな種類があり、ブランドによって特徴が異なります。さらに、千差万別な目の形状や涙の状態などにきめ細かく合わせるオーダーメイドのハードコンタクトレンズもあります。シーベストコンタクトでは併設の眼科で処方を受けたハード・ソフトといった素材を問わず、豊富な種類のコンタクトレンズを取り扱い、専門知識を持ったスタッフが皆様にご説明させていただきます。はじめてコンタクトレンズをご使用になる方や、商品や取り扱い方法について分からない事がある場合は、お気軽にご相談ください。

コンタクトレンズを安全にお使いいただくために

装用期間や時間については、眼科医に指示されたことを守りましょう。
ご説明した標準的な装用スケジュールを守り、無理な装用を止めましょう。
なお、コンタクトレンズ装用を 1ヶ月以上中止した際には、眼科を受診して装用再開の指示を受けましょう。

メガネとコンタクトレンズ、どちらがいいの?

コンタクトレンズのメリットとデメリット

メリット
  • 顔が隠れないので、自然な印象
  • メガネより視野が広いため、スポーツなどに支障が起きない
  • 湯気や湿度でくもることがなく、雨の日でも安心
  • 耳や鼻に負担がなく、跡がつかない
  • 強度近視はメガネより矯正効果が期待できる
  • 左右の視力差が大きくても矯正効果が期待できる
  • アイメイク時にもしっかり見える
  • 度数を覚えておけば、災害時にもコンタクトレンズの無料配布を受けられる
デメリット
  • 正しい装着方法や手入れを行わないと、眼疾患になる可能性がある
  • 装着可能な時間や、寝る時には外すなどの使用制限がある
  • 着脱の練習が必要
  • 着脱や手入れに手間がかかる
  • 手入れも含めた場合、メガネよりもコストがかかる
  • 眼科の検診を定期的に受ける必要がある
  • アレルギーや眼疾患などでコンタクト装用ができなくなる場合がある

コンタクトレンズの使用ができないケース

眼疾患や生活環境などにより、コンタクトレンズの使用ができない場合があります。

眼疾患

感染症などによる目の炎症、ぶどう膜炎、角膜やまぶたの疾患、ドライアイ、アレルギーなどの眼疾患は、コンタクトレンズの装用で悪化する可能性があります。そのため、こうした眼疾患があって眼科専門医が装用に向かないと判断した場合には、コンタクトレンズの処方ができません。特に、治療が長引き再発しやすいぶどう膜炎は、装用が適さないと判断されるケースがほとんどです。

生活環境

コンタクトレンズは乾燥に弱く、薬品などの影響を受ける可能性があります。また、粉塵などのダメージを知らずに受けてしまい、角膜が傷つくケースも考えられます。そのため、生活環境によって装用が適さない場合があります。
精密機器を取り扱うお仕事や、薬品を使う研究をされている場合、乾燥や粉塵、薬品などによる影響を考慮して、コンタクトレンズの処方ができないケースがあります。

TEL:092‐406‐6009
一番上に戻る