インターネットでコンタクトレンズを購入されている方へ

インターネット販売のコンタクトレンズを使用している方へ

インターネット販売のコンタクトレンズを使用している方へ最近、コンタクトレンズの購入は、量販店やインターネット販売が利用できるようになってきています。こうした購入方法はとても手軽ですが、眼科の診療を受けずに使い続けた結果、大切な目に重度の障害が生じて治りにくい状態になってしまうケースが増えています。
コンタクトレンズは直接、目につけて使う高度管理医療機器です。目は非常にデリケートであり、専門医ではない医師による形だけの診療や、資格のないスタッフによる簡単な検査では、一人ひとり異なる目の形状や、涙の状態などに合わせた適切なレンズを選ぶことはできません。
合っていないレンズは、目に障害を起こし、深刻な眼疾患につながってしまう可能性もあります。
いつまでも健康で美しい目を守るために、眼科専門医の診療を定期的に受け、最適なコンタクトレンズを使うようにしてください。

コンタクトレンズによる眼障害

手入れ不要なレンズや、印象的な瞳を演出するカラーコンタクトレンズの登場により、日本のコンタクトレンズ使用者は増え続けており、現在は1,500万人以上の方が使っているというデータもあります。手軽に使用できる環境になった反面、こうしたことからコンタクトレンズによる眼障害や眼疾患も増えています。

特にコンタクトレンズと目の間に入った小さなゴミや、付着した汚れ、残留したケア用品などにより、角膜上皮は障害を受けやすくなっており、角膜に傷がないか定期的に調べることは重要です。こうした細かい傷を確認する検査は特殊な目薬と顕微鏡を使っておこなうため、眼科でしか受けることはできません。
しかし、眼科といっても医師が眼科専門医でなければ病状を見落としてしまう危険性がありますので注意が必要です。

コンタクトレンズによる眼疾患が起こるメカニズム

コンタクトレンズは角膜の表面を覆います。コンタクトレンズと角膜の間に異物や汚れが入ると傷つきやすいだけでなく、角膜に涙が十分行き渡らなくなって酸素不足を起こす場合があります。
角膜は酸素が不足すると、さらに傷つきやすくなるため、感染症などのリスクも上がってしまいます。
不十分な手入れ、つけ外しの際の不注意、長時間装用など、眼病のリスクを高める要因は多くあります。
こうした理由により、コンタクトレンズは「高度管理医療機器」であり、使用には定期的な検診が必要とされます。

コンタクトレンズによる眼疾患

コンタクトレンズの装用でリスクが高い眼疾患の代表的なものをご紹介します。

感染症角膜炎

異物や外傷による外因性と、細菌・ウイルス・真菌(カビ)の感染などによる内因性があります。
長時間のコンタクトレンズ装用やレンズのケア不足などで起こりやすくなります。
ウィルスに感染した場合などは重症化しやすく、治療に時間がかかります。
目の痛み、涙、目やに、角膜の白濁などの症状があり、光が以前よりまぶしく感じられます。

角膜潰瘍

角膜がただれている状態です。進行すると潰瘍が深くまで及び、症状や合併症も強くなります。長時間のコンタクトレンズ装用やレンズのケア不足などで起こりやすくなります。
目の痛み、異物感、涙などの症状があり、光が以前よりまぶしく感じられます。角膜に白い点ができる場合もあります。症状が進むと結膜の充血も現れます。

点状表層角膜炎

コンタクトレンズの長時間装用、ウイルスや細菌の感染、ドライアイ、化学物質、紫外線、アレルギーなどの原因により起こる炎症で、治るまでに時間がかかり、再発しやすい特徴を持っています。コンタクトレンズの装用を続けていると治りにくいため、注意が必要です。
目の痛み、涙、充血などの症状があり、光に対して過敏になり、ものがぼやけてはっきり見えなくなるケースもあります。

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダウストなどによるアレルギー性結膜炎が一般的によく知られています。アレルギー性結膜炎の症状がある時にコンタクトレンズを装用するとその刺激で症状が重くなり、眼疾患を引き起こしやすくなります。また、コンタクトレンズの汚れにより、アレルギー性結膜炎を引き起こすこともあります。これを予防するためには、適切なレンズを選択し、正しいレンズケアを行うことが不可欠です。
目や周囲のかゆみ、腫れ、充血などが代表的な症状です。目がかゆいため、ついこすってしまい、角膜などを傷つける可能性が高くなるので注意が必要です。

こんな症状に気付いたら、すぐに眼科を受診しましょう

充血、痛み、ゴロゴロするなどの異物感、目やに、かゆみ、ふいに涙が出る、目が乾くなど。
単なる疲れ目なのか、疾患があるのかは眼科で検査を受け、専門医が診察をすることではじめてわかります。
ソフトコンタクトレンズの場合、レンズがクッションのような役割となり、まばたきなどによる刺激がやわらいでしまい疾患の発見が遅れる場合があります。水分を含んでいるコンタクトレンズは雑菌の温床になりやすく、手入れをしてきれいに見えていても、実はケースや保存液からコンタクトレンズが汚染されていて、傷口から感染するというパターンがありますので要注意です。
このように進行してから自覚症状が現れる疾患もあります。

眼疾患の中には、放置していると悪化して視力に重大な影響を及ぼすものや、失明する可能性があるものまであります。症状に気付いたら早めに眼科を受診してください。特に痛みやぼやけなど明らかに自覚症状がある時にコンタクトレンズを装用することは非常に危険です。

検診は、早期発見だけでなく予防にも役立ちます

眼科検診は、トラブルを早期発見し、深刻な症状を起こす前に適切な治療を行うためでもありますが、そうしたトラブルの予防の役割も担っています。専門医が目の状態をしっかり観察しますので、安心してコンタクトレンズをお使いいただけます。

TEL:092‐406‐6009
一番上に戻る