コンタクトレンズのトラブル

デリケートな目の健康と美しさを守るために

デリケートな目の健康と美しさを守るためにコンタクトレンズによる眼疾患が起こっていても、自覚症状が現れるのが遅れ、治療が難しくなるケースが増えています。
疲れ目など日常的な症状と思い込んで受診が遅れると、治療が長引いてコンタクトレンズを使用できなくなったり、視力に大きな悪影響を及ぼしたりする場合が多く、角膜移植や失明につながる可能性もゼロではありません。
見えるという事は非常に大切なのですが、痛みなどの症状が無いと大切さに気が付きにくいのです。なぜ気が付きにくいのかというと、多くの人は普段、両目を開けて物を見ています。両目で生活していると、どちらかの眼に異状があっても見え方を補う事があり、症状に気が付くのが遅れる事があるのです。
コンタクトレンズ検診時に気になる症状があれば眼科専門医に相談しましょう。

こんな症状があったらすぐに眼科受診を

また、これといった症状がなくても、次のようなことに心当たりがありましたら、眼疾患が起こっている可能性があります。できるだけ早く眼科を受診しましょう。

  • 40歳以上である
  • 片目もしくは両目とも視力が下がった
  • 親・兄弟に緑内障などの疾患になっている人がいる
  • 定期的に眼科で検診を受けていない
  • コンタクトレンズ購入時に眼科専門医による診察を受けていない
  • 日常的に12時間以上、コンタクトレンズを装用している
  • 使い捨てレンズを使用期限より長く使ってしまった
  • 使い捨てではないが、ハードコンタクトレンズを2年以上、ソフトコンタクトレンズを1年以上使い続けている
  • コンタクトレンズをつけたまま眠ってしまった
  • 1年以上、同じケースを使っている
  • ケースの洗浄がきちんとできていない
  • 清潔ではない手でレンズに触れている
  • こすり洗いがしっかりできていない
  • 安全性が確認されていないカラーコンタクトレンズを使っている

(承認基準を満たしているのは、ワンデーアキュビューディファイン、2ウィークアキュビューディファイン、2ウィークメニコンRei、フレッシュルックデイリーズ、ナチュレールの5種類です。これ以外をご使用の場合、できるだけ早く眼科検診を受けてください)

こんな症状はありませんか?

10.3	こんな症状はありませんか?日常でもよくある症状ですが、コンタクトレンズを使用していて、定期的な眼科検診を受けていなかったり、手入れ不足などがある場合、重大な眼疾患が隠れている場合もあります。
「ちょっと目が疲れているだけ」と思わず、以下のような症状に気付いたらすぐに眼科を受診しましょう。

目の乾き

コンタクトレンズは涙液のスムーズな交換を妨げるため目が乾きやすく、ドライアイになりやすいとされています。ドライアイはパソコンやスマートフォンの画面を見ることやエアコンで乾燥した室内にいるとリスクが高まるため、コンタクトレンズ使用が加わって悪化しやすいと言えます。ドライアイは涙の不足だけでなく、質の変化で生じる場合もありますので、涙の量が多いと感じていても注意が必要です。痛みが出たり、視力に影響する事があります。

目やにが増える

眼疾患では目やにの症状が現れるものがよくあります。角膜のびらんや潰瘍などでは痛みが伴わない場合もあります。

レンズがくもる

レンズの汚れ、目の乾燥、眼疾患など、レンズがくもる理由はさまざまです。
装用時間や使用期間、手入れ不足などによる汚れは、角膜のびらんや潰瘍につながりますし、アレルギー性結膜炎を生じる可能性もあります。
これにより分泌物が増えて汚れが落ちにくくなり、症状が悪化していくため、早めに治療を受ける必要があります。

レンズが動く

コンタクトのベースカーブが目に合っていないとレンズが角膜上で異常に動いてしまう場合があります。残念ながら、もともと処方が合っていない事もありますが、コンタクトレンズはプラスチック素材で出来ていますので、使用方法や年数によっては変形が起こる事があります。
汚れによってフィッティングにずれが生じ、それによって動きやすくなるケースもありますし、汚れによりまぶたに炎症が起きて、巨大乳頭結膜炎になった場合も、レンズが大きく動くことがあります。

かゆみがある

アレルギー性結膜炎やドライアイはコンタクトレンズの装用で症状を悪化させることがよくあります。また、使用法が正しくない場合には、結膜炎や角膜のびらん、潰瘍などでかゆみが起こっているケースもあります。

痛む、しみる

ドライアイなどの可能性が高いのですが、コンタクトレンズの刺激などにより角膜に疾患が起こっているケースも珍しくありません。

以前より直射日光や夜間のライトがまぶしい

コンタクトレンズに傷や汚れがあったり、フィッティング不良を起こしたりなどで、光が散乱してしまいまぶしく感じることがあります。
レンズを外した際に同じまぶしさを感じる場合や白っぽく見える場合には、角膜に疾患が起こっていると考えられます。

TEL:092‐406‐6009
一番上に戻る