新着情報

2018.01.10

花粉症・アレルギー性結膜炎

毎年1~2月頃から花粉症の代名詞のようなスギ花粉の飛散が始まります。

毎年アレルギー症状に辛い思いをしている人も多いことでしょう。

特にコンタクトレンズを使用している人は一層大変な思いをしている事と思います。

対策としては、
「コンタクトレンズを1日使い捨てにし、毎日新しいレンズを使用する」
「時期に合わせてコンタクトレンズの使用を中止し、眼鏡で生活する」などが挙げられますが、

花粉が本格的に飛散する前に、眼科で点眼や抗アレルギー剤などによる治療を行う「初期療法」が、

眼と鼻のアレルギー症状の発現を抑制し、軽減する事が期待できるという事で注目されています。

バレンタイン前位までが治療開始の目安との事です。

眼の症状については、眼科専門のドクターに相談してみましょう。

TEL:092‐406‐6009
一番上に戻る