新着情報

2018.03.12

コンタクトレンズの汚れに!

コンタクトレンズを使用している人は、レンズの汚れを1度は経験したことがあるのではないでしょうか?

汚れには色々な種類があり、汚れの種類によってそれぞれ特徴があります。
その中でも、タンパク質汚れと脂質汚れが代表的な汚れですが、タンパク質汚れは涙に含まれているタンパク質が変質し、レンズを白く曇らせてしまいます。
最近は使い捨てコンタクトが普及したため、汚れる前に取り換えることが多くなりましたが、ハードコンタクトや通常のソフトコンタクトを使用している方に見られます。

脂質汚れは、シリコン系のレンズが増えてきて注目されるようになりました。シリコン系のレンズは脂質汚れが付きやすい傾向があるのです。
脂質汚れは涙の成分以外にも要因があることが多く、化粧品やクレンジングオイルを使用する女性に多く見られる傾向にあります。

ケア用品には浸け置きでタンパク汚れを分解して落とすものがありますが、浸け置きでは脂質汚れに対してほとんど効果はありません。
1本で保存・洗浄・すすぎ・消毒が完結できるMPSのような洗浄液も、しっかりこすり洗いをしなければなかなか取れません。簡単に済ませると、レンズ上で油が伸びて広がるだけになり、脂質汚れは水分を弾いてしまうため、いっそう汚れが付着しやすくなり視界も悪くなります。
この汚れが目に触れることで、アレルギーや結膜炎などの眼病を引き起こします。

安心、安全にコンタクトレンズを使用して頂くために、こすり洗い専用の洗浄液の使用をおすすめします。

ジェルクリンW洗浄液

「SEED ジェルクリンW」は、IPAとシリコーン系界面活性剤の働きで脂質汚れを分解して除去します。
こすり洗い専用の洗浄液で、ソフトにもハードにも使用できるので非常に便利です。

洗浄液の種類によって特性が違いますので、汚れの原因を眼科で相談してみてはいかがでしょうか?

TEL:092‐406‐6009
一番上に戻る